*KimagureMagure*ゾラ
kimajolla.exblog.jp

韓国ドラマが好きです。その中でもリュ・シウォンさんが大好きです*^^*
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
※非公開コメントへの返信は控えさせて頂きます。

●*RyuSiwon Photo BBS*


メールはこちら。


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ポールスミス
from ポールスミス
中嶋一貴
from 中嶋一貴
ポールスミスのネクタイで..
from ポールスミスのネクタイで爽や..
ポールスミス財布のお話。
from ポールスミス財布のお話。
ハ・ジョンウとユン・ゲサ..
from 韓流エンタメニュース
ディズニーモバイル携帯電..
from うわさ・評判の真相とは?
韓流 リュ・シウォン
from 韓流スター名鑑マガジン
都路里、京都四条の人気の..
from ファイナンシャルプランナー世..
タレが美味しいチヂミ レ..
from チヂミ レシピ 簡単チヂミの..
◆岐阜県大垣市青野の ひ..
from てらまち・ねっと
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:【リュ・シウォン コラム】( 4 )
チーム106の過去と未来, そして私の夢
こんにちは, リュ・シウォンです.
いつのまにかもう 4番目の文ですね.
デビュー以後で文を使って見たのはとても久しぶりだったようです.

それで心配もたくさんしたが、むしろコンピューターの前に座ったら普段頭の中に団結していた考えたちが、ドルドルドル解けてでたらめに溢れ出るんですよ^^;
これからこんな機会をもうちょっとふやして見たいのに… 切なくもしばらく文は使えなくなるようです.

食事する時間もなしにきちきちなスケジュール表を見たら… 到底意欲が出ないんですよ… (オートさんごめん…)

それでも力を出して最後の文を使って見ます.
まさに私の野望が込められたチーム106に対する話です.
d0013677_0594023.jpg
オートさんブログイベントに当たって去る 5戦の時タクシーイベントに参加したシンウックファンさん, キム・ジョンランさんと一緒にしました.
キム・ジョンランさんは本当に美人でしょう? ^^


先に皆さんはチーム106が何の意味なのかご存じですか?

虚しく聞こえるが 106は私の誕生日です. とても簡単でしょう? ^^;


オートさんと JohnBirdは “それあまりザポックではないです?”と問ったりしたが… (今に見ろこいつら…) 敢えて ‘リュ・シウォンチーム’といわないで 106という数字を使った理由は 106という数字の象徴するところがチーム創立の目的にも符合して収益事業に活用したりしやすいからでした.

日本に進出していた当時から私は 106という数字を利用してアピールし始めたんですよ.
これが奏效して後には ‘リュ・シウォン = 106’で同一視になるまでしたんです.
ところで本当にドラマチックにも 2006年私が初めてシーズンチャンピオンを占める時, 私の累積ポイントが 106点だったはずです.
あまりにもドラマチックで夢だと分かりました.
信じることができずに呆気に取られた状態でも止めどもなく涙だけ流れて…
このようなのに 私が 106と言う数字を好まないことが出来るでしょうか? ^^

チーム名に付いた 106は第一に, 当時の光栄をもう一度再現するための私の意志の表現でもあります.

TVの中の俳優として暮らして来たが、あまりにも忙しく暮らして来たあげく、いざ重要な私の生を取りそらえることができなかったんですよ.
もう実際の私の生もレースという舞台でドラマで作って見たかったです.
106という数字を見る度に優勝をしたその頃のカタルシスが浮び上がってもっと自らに鞭打つようになる効果もあるんです.

まだ初シーズンだから満足するに値する成績ではないが、どうせ今度シーズンは順位よりはチーム内部の基礎工事と ウォーム-アップの目的がもっと大きかったし、そんな点では順風に帆ただよう巡航の中です.

これからチームを導かなければならない監督になったから戦闘で負けても戦争で勝ってやることができる長期的眼目でレースを対しないと.
そしてそれがずっと難しい事というのをチームを運営して見ると今更感じるようになります.

二番目ではブランド戦略のためです.
d0013677_1224893.jpg
チーム名をブランド化して主要市場である日本にアピールするためには、私のブランドというイメージを見せてくれるともっと效果的なのに, かと言って ‘EXR リュ・シウォンライン’, ‘リュ・シウォンチョコレート’ であると言う捨てれば… とても幼稚じゃないでしょうか^^;
それに 106でロゴデザインをして見たら数字 3桁がデザインに応用しやすいですね.
私も心配をたくさんしたが市場の反応を見たらこのようにするのを本当に良かったという気がします.

このブランド事業は、チーム106の名前をもっとたくさん知らせる役目を期待することもできて、よく築いておけば、より能動的な形態と、同時により先進的な形態で否定的な外力の影響にも堪え出すことができる財政的基盤になることができます.

国内モータースポーツはレースの人気にだけ便乗して暮らすことができる環境がないんです.
チーム106が自らお金を儲けるチームになるためには、一シーズンを運営することができるお金だけ出して私知らないと言う対症的処方よりは、魚を捕る方法を教えておかなければならないのに, ブランド事業は正しくこのような多角的な目的で推進するのです.

今ようによく進行してくれれば、来年の全南霊岩で開催されるF1 シリーズとかみ合って 2-3年内にモータースポーツがブーム業になる効果も期待して見ることができないかと思います.

ブーム業が一回だけなってくれれば、そのすぐにモータースポーツ人才育成事業にも参入する計画です.
私がいくら多いお金をかけてアカデミーを建てるとしても、モータースポーツにビジョンが見えなかったらどんな学父兄が子供達を任せますか?

しかしプロレーサーたちの年俸とスポンサーの規模等々が、電波を通じて広く知られ、レースの真の姿に入っていく人が増えて、これに合わせてチーム106が人材育成プランを稼動するようになれば, ‘モータースポーツビジョンの問題と人材不況, 荒れ地のようなインフラ’で、もつれている難題たちが数年内に解決することができるでしょう.

少なくともチーム106 アカデミーで育てた人材たちが溢れ出る時くらいならね.

d0013677_1482049.jpg

そして皆さんもサーキットで走って見たいでしょう^^

我が国が早く早く文化の弊害ももちろん少なくないが、このような問題が生じた場合には、すぐに推進して工事に入って行く推進力は認めて竝びばかりします.
レースブームが起きれば各地方自治体でサーキットを完成しようとして、猫も杓子も飛びかかることもできるという話です.

近くにサーキットが散らばっていたら、敢えて山道で曲芸走行をしなくても良いし、安全な所で安全のためのテクニックを伝授されながら走ることができるようになるんじゃないか!
レーステクニックなんか学ばなくても運転するのに差し支えないと思う方々もたくさんいらっしゃるのに, レースはあらゆる険しい状況と突発が横行する所です.

私が学んだテクニックが、早く走るためよりは危険に対処するためのテクニックだったということを、学べば学ぶほどもっと強く感じます.

端的な例えば大部分の人々が運転姿勢から正しくない.
運転席の後にずっと抜いて、腰を後に横たえた姿勢では、切迫した状況に容易に対処することもできない上に、事故時の負傷の危険も高いです.
ギムヨサ姿勢は言うこともないんです.
レースの人気が高くなれば、このようにまともな運転方法が伝達される純機能も期待して見ることができます.

外国人たちが我が国へ来てよく言う言葉の一つが ‘韓国のドライバーは、皆レーサーみたいだ’と言いますね…
逆説的にサーキットが増えるようになれば公道では乱暴運転をしなくても欲求を満たしてくれることができるようになります.

実際にバイクでも自動車でもレーサーたちは公道ではおとなしく運転する人々が大部分ですよ.
‘レースが活性化になれば道路が乱暴になるでしょう?’ こんな言葉は杞憂に過ぎないです.

想像して見てください.

全国民がレースの基本技を持って安全に運転し、週末にはサーキットに出てドリフトを楽しむ姿を。
我が国にも外国のサンデーレースのような遊びレースも増えて, 言葉とおり自分の車をおもちゃのように思いきり持って遊ぶことができるようになるのですよ.
あまりにも興奮しないですか? ^^

皆さんもレースの魅力について広く知って見たければ、近くのカート場に立ち寄って見てください.
思ったより易しいながらも本当におもしろいです.
オートさんも最近すっかりはまっていたが^^

天才だと呼ばれるルイスハミルトンも、実際は幼い頃からカートレースで基本技を徹底的に教育されたケースです.
小僧の頃からマクラーレン監督を尋ねて “自分のレースを見せてあげたいです!”と言ったし、その大胆さに監督が惚れて育成するようにドエオッダですか?
私もアカデミーでトラックとカート場を開いてお待ちしております.
チーム106 アカデミーに入って来るようになるあなた, あるいはルイスハミルトンのような皆さんのお子さんたちを.

これを着々とひいてはいつか後日には ‘チーム106のおかげで国内モータースポーツが復興期を迎えた’と言う記事を必ず見たいです.
これはまだ私と私のチームの夢だが、すなわちもっと多い人々の夢になって一緒にしたらと思います.

ああ… これから文を終えなければならない時間が近付くのがとても惜しいですね...
したい言葉がまだ山盛りのように積もっているのに…
今回のスケジュールが終わってちょっとでも暇になれば、必ずまた皆さんにお会いしに来ます.
機会を与えた私の後援者オートさんにもありがたくて…
スポンサーオートインサイドにも感謝するんです.
ひりひりする忠告をしてくださった方々も本当にありがとうございます.
その心忘れていないです.
それではまた帰って来るその日まで 体丈夫にいらっしゃいます!
I’ll be back!!!


そっかあ。
シウォンssiの考えが、ドルドルドル溢れ出てくるんですね~(^m^ )
うん。読んでれば分かる(笑)

終わっちゃいましたね。
シウォンssiの考えることがよく分かって、すごく興味深かったけど☆
忙しいしね・・・
でも、力強く、エクスクラメーション3つもつけて、「I’ll be back!!!」って言ってるから(笑)、また戻ってきてくれるかな?(^^)

[PR]
by inabataksiwo | 2009-09-17 02:33 | 【リュ・シウォン コラム】
[リュ・シウォンコラム] ドラマ‘スタイル’に登場するフェラーリとマセラティ
d0013677_1303079.jpgこんにちは, リュ・シウォンです.
オートさんブログに残す三番目の文ですね.
今度はドラマの中、自動車に対して話して見ようかと思います.
ドラマで見えるファッションが 登場人物が 処した状況, 感情, 過去, そして未来に対する暗示などを効果的に伝達するために活用されているという点は、もう広く知られた事実です.
何らの意味なしに ただきれいだという理由だけで大まかに加えられる服はないと思っても構わないですね.
特に私が出演するファッションエディターたちのドラマ ‘スタイル’では配役とストーリーに適切なマッチングを持った衣装を捜すためにスタッフたちも非常に慌ただしく動きます.
d0013677_134159.jpg
ところで登場人物たちの自動車も、ファッションとまったく同じ目的と方式でスタイリングになったという点はご存じですか?
このごろ自動車会社らもどんなドラマにでも協賛しません.
露出だけたくさんあればよかったこの前とは、確実に違います.
露出時間よりは該当のドラマが自社のブランドイメージをもっと強固にするとか、発展させてくれることができるかを重要視します.
現在スタイルを通じて最も話題になっている車は断然フェラーリとマセラティだと言えるのに 今日私の文を見てからは, どうして財閥2世人ソ・ウジンはマセラティに乗って編集長であるパク・キジャはフェラーリに乗るのか理解するようになるはずです^^

まずスタイルでパク・キジャは、年を超越した致命的な美しさを持った挑戦的な女人で、組職を導くために自ら強まらなければならなかったリーダーに描かれます.
表では血も涙もない女に照らされるが、本心を徹底的に隠しているだけ, 実際では涙も多い女ですよ.
仲間たちに限りなく冷情で残酷に行動することも分かってみれば愛です.
獅子が子を絶壁から落し、生き残るやつだけ育てることと似ている方式の愛と言えましょうか? (本当に獅子がそうなのかは分からないですが)
組職内の過度な競争構図によって組織員たちがお互いに償つけて踏んで立ち上がろうと思った危機でも、パク・キジャの賢明な対処でむしろ仲間の愛が仲がよくなって雑誌の位相ももっと高めるようになる姿がドラマに出ます.
といえども自分のカリスマは絶対に害しないですね. パク・キジャはそんなに強くて賢明な女です.
d0013677_144012.jpgそれではこれから彼女の車、フェラーリを見ましょうか?
私の感じるフェラーリはすなわち自尊心です.
実際にオーナーたちの気難しさも極まっています.
どんなに鋭敏か… しかし仕方ないです.
元々フェラーリがそんな車ですよ.
たまにサーキットで話を交わしてみると ‘フェラーリに乗って記録を縮めさせて見たい’と言う人もいるのに, 実はフェラーリに乗ると言ってもっと早く走ることができる人はあまり多くないです.
フェラーリで早く走るためには高度に精製されたテクニックと冷徹な判断力を要求するんですよ.
やや小さい間違い位は電子装備や余裕のあるセッティングが支える他の車と違い,フェラーリは ‘一か八か’に近いです.
お金だけあると言ってフェラーリに乗る資格があるのではないという話です.
もちろん実力が揃っていたらフェラーリ位完壁に近い車もないけれども^^

ところでフェラーリはスポーツドライビングだけ楽しむにはあまりにも惜しいブランドです.
もちろんスーパーカーとして一番重要なのは性能ですがフェラーリの精神と歴史, デザインを本当愛して名品として所有したい人々の欲求も満たしてくれる必要があります.
すぐカリフォルニアがそんな車です.
名品としての位相はそのまま維持したままオーナーにも親切を施す車. フェラーリ唯一のエブリデイカー(Everyday Car).
d0013677_1538100.jpg
名品族パク・キジャにぴったりな車ではないんでしょうか?
名品はデザインももちろん重要だが、それより重要なのはブランドの長年の伝統と歴史です.
全体自動車歴史の半分を世界最高の車で守って来たフェラーリは 言葉でパク・キジャの名品館に一番適切に符合すると言えます.
パク・キジャがランボルギーニではなく、フェラーリを贈られた理由です.

d0013677_1564694.jpgフェラーリがドラマ初盤から登場しないで 8話に来てからこそ登場することも、フェラーリが象徴することを極大化するためでした. (もちろん車サポート問題が縛られていたりしたが一応論外にします^^;)
劇の中でキム・ヘスが副編集長で編集長に昇進してグループ会長の左腕に任命される瞬間は、すなわち上流への進入と社会的成功を意味します.
成功の最終終着地は結局 ‘フェラーリに乗ることができるか, ないか’に帰結されます.
パク・キジャがおさめることができる最高の成功の瞬間に登場したフェラーリ, 何か意味深長に見えないですか? ^^

それでは私が演技するソ・ウジンをよく見ましょう.
劇の中でソ・ウジンは自分が好きな事だけ充実にして、世の中のむだ口にヨックではなくて静かに住むのを願うが、生まれ的に世の中の干渉に巻き込まれるしかない運命を生れついた男です.
ソ・ウジンはパク・キジャとは違い社会的成功よりは、自分の自我を重要視します.
スタイルの代表取締役になったにも生気地に料理をおかないことを見れば分かります.
物質的欲心よりは自尊心と大義に死んで生きて、金額の大きさよりは名分の当為性によって動きます.
スタイルの代表になることに決心したことも、個人的栄逹のためではなく、しきりに自尊心を掻いて倒れる周辺人々と ‘そのようにしなければならない’ 運命的名分のためでした.
そんなソ・ウジンが富を誇示するとか飛ぶことを嫌やがるのは当たり前の理です.
それでも絶頂の感覚を持った料理人だから、どんな車にでも乗ることはできませんね.

d0013677_2245869.jpgマセラティはフェラーリの系列社で、極めのスーパーマシンよりは楽で早いグランドトオロに近い車です.
フェラーリのように飛ばなくて通常のスーパーカーのようにうるさくもないが、こぎれいで蛇足ないデザインと、その気になればいつでも飛んで行く用意ができているスーパーカーベースの車です.
私が乗っているグランツーリスモSの兄弟車、クァトロフォルテ(パク・キジャが初盤に乗ったんです)と言うイタリア大統領の専用車で選択受けたりしました.(ここでクァトロのためアウディクァトロシステムではないかと誤解する方々もギェギヌンデ, ここでクァトロは 4個の門を意味します^^)

ところで本当に珍しいのは, 他人達は大人しい車で生まれてスポーツカーを追い求めたりするのに, マセラティはスーパーカーで生まれてセダンにセッティングされたという点です.
もちろん一般セダンよりは乗り心地も硬くてエンジンと操向の反応も即刻だがどんなロックショリセダンよりも高級材質に装いされています.
皮シーツだけ見ても一般ロックショリセダンのクォリティーをふらりと飛び越えます.
全般的なインテリアーと着席感も安楽な感じを与えます. これがちょうどマセラティが志向する高級なことです.
d0013677_2325428.jpg
ところでこんなに安楽なマセラティが、スポーツモードボタン一つさえ押せばその即時ゼロ百 5秒以内, 最高時速 300km/hのスーパーカーに変わってしまいます.
中低音のバリトンだった排気音から、イタリアンスーパーカー特有の神経質的なハイトーンに変わりながら運転手のアドレナリン分泌をでたらめに促進させて、極度の興奮状態でパトリですよ.
エンジン反応, 調方性、皆ボタン一つで変身します.

目立つのも嫌いで自分を外で取り出して見せたくなくて… (財閥 2歳なのに誇示して見ると何をしますか^^) ところで自分の感覚を満たしてくれることができる車イタリアンスーパーカー位はならなければならなくて… そうしようとするならフェラーリベースインマセラティが適格でした.
うーん… 私がソ・ウジンでもマセラティを選ぶようです.
普通人々はスーパーカーならフェラーリやランボルギーニで終わる知り合いが多いんですよ.
ルイ・ヴィトンのハンドバッグやアルマーニのスーツはぴったり見ても ‘名品だね’
しかし誇示するのに別に関心のない人々は少数のデザイナーブランドを選ぶことと同じ論理とでもしましょうか? ^^
実際にフェラーリはとても易しく目立って誰も高い車という点が分かる一方, マセラティはデザインも重厚な方でブランドに対して知り合いもあまり多くないです.
この位ならパク・キジャとソ・ウジンの自動車マッチングの理由が分かるかな? ^^
d0013677_251256.jpg

次は機会があればソンミョンヒとキム・ミンジュン(イ・ヨンウ)が乗るクライスラー, そしてまだ車がないイ・ソジョン(イジア)と似合う車に対しても話して見るようにします.
車も次第もっともらしい理由があるんですよ. 単純に ‘グループ会長がどうしてクライスラーに乗って贈り物はフェラーリにするのか…’ 位だと思ってはいけないんです.

長い文読んでくださった方々に深く感謝のことを申し上げて…

それでは皆さんのガレージにもフェラーリとマセラティが位置するのを~!


へえ~!シウォンssiが説明してくれなかったら、そんなこと分からなかった。^^
というか、特に気にしなかったかも^^;

それにしても、ずっと「パク・キジャ」って書いてるのに、一箇所、「キム・ヘス」なのは、なぜなんだろう?(笑)

[PR]
by inabataksiwo | 2009-09-09 02:59 | 【リュ・シウォン コラム】
[リュ・シウォンコラム] 私のカーライフ by リュ・シウォン
d0013677_034268.jpgこんにちは, リュ・シウォンです.
今度は私が今まで乗ってみた車と私の自動車感に対して解いて見ようかと思います.
この前我が国のレースに対して文を使って見たらブログというのが密かに面白いですね.
反応も大好きで自動車話に対して何回連載をして見るつもりです.
もしかしたら私もこんなにしていてオートさんのようにブログに抜けるようになるかも? ^^

うーん… 一応私が自動車が好きになったきっかけは 幼い時記者出身であるお父さんが海外出張を行って来る度に買ってくれたミニカーのおかげでした.
その頃にはミニカーが皆輸入品だから (その時は中国産もほとんどなかったんです) かなり高価なので友達に常に憧れの対象でした.
そのように大切に陳列しておいたミニカーを鑑賞しながら自然に車が好きになったようです.
そうして自動車デザイナーを夢見て関連学科に進学したりしたんです.
その後芸能人になりながら自動車と塀を築く人生になる所だったが レースでもっと深い縁に抜けるようになったことを見れば本当に強い縁だと思います.

とにかく, 私の始めての車は大学通った兄さんが譲ったルマンでした.
d0013677_0114689.jpg

車を受けて初めてハンドルを取った時はどんなに嬉しかったか
真夜中にも訳もなくこちらあちらを歩き回ったりしたんです.
ルマンはドイツのオペル(Opel)から出た小型車 ‘カデット(Kadett)’をベースで作ったモデルでした.
だからドイツ車特有の車体剛性とバランスがよく つかまったサスペンションが調和して運転楽しさが本当に一品だったことで憶えます.
エンジンに比べて重さがたくさん出る方だから スポーツカー位の加速力を味わうことは難しかったが それでも全般的ながっちりしている感じが気に入りました.
そういえばこのごろ GM 大宇車もまったく同じな道を歩いていますね.
ラセティプレミアもオペルアストラのベースを共有して ドイツ車志向のセッティングだが重くてエンジンが小さくて良い評価を受けることができないと言いますね.
このごろディーゼルバージョンが喉の渇きを解消させてくれたとしても もしかしたら裡里も昔も今もまったく同じような道を歩いているのか, やっぱり自動車の歴史も繰り返して回ると見えます^^;

ルマンが初乗りだからか、今も私はドイツ車が好きです.
芸能人になった後では多くの車を直接買うことができるようになったが大部分ドイツ車でした.
私は車を単純な移動手段と思わないで運転手との校監を重視します.
だから基本に充実でハンドリングが直観的でフィードバックが正直な車が好きで ぴったりドイツ車がそうですよ.
うーん… 今すぐ思い出す主要車種たちを指折って見れば 三菱イクルリブス, メルセデスベンツ SLK230, BMW M3(E46), BMW Z8がありますね.
私に本当に多い影響を与えた車です.
イクルリブスは私が買った最初の車という意味があって SLK230は私が一番大事にしました.
d0013677_0202663.jpg

SLK230の場合はエアダム, マフラー, ホイール等々, ほとんどすべての部分をチューニングしたんですよ. それもオルリンズを使うことができる所は全部オルリンズで荒らしたようにしたし ほとんど大部分の作業を DIY(Do It Yourself)にしたら いくら愛情を持って対したのか見当がつきましょう?
どうして特に SLK230が好きだったろうか? 考えて見たら私の始めてオープンカーだからではないかと思います. (オープンカーはコングリシーだが便宜上そのまま使います^^;)
天気の良い日 初めて屋根を開いて音楽を聞いて悠々と川辺を走ったその気持ち… ‘永遠にこの道が終わらないでつながったら’と思う希望を持って来てくれる車であったんです.

M3は後で下だけチューニングをしたが 私が乗った車の中で一番ハンドリングがすぐれた車だと記憶します.
ポルシェももちろん良かったが 私が乗ってみた車の中では M3が最高だったみたいです.
もちろんこのごろ出る新型 M3を除いて E46 M3!
d0013677_0273232.jpg
M3を運転して見たらあのデザインでおびただしい力を感じるようになるはずです^^

私も一時持っていた車なのに一体どうして売ったのか 今も後悔です.
それでもまた獅子だから状態良い品物捜しにくくて…
E92 M3に乗ってみるかと思ったら 以前より性能は確かに向上したが 感性的な部分がちょっと不足ですね.
E46より確かにもっと早くて楽です.
ところで楽しさがないというのが大きい問題でした.
すぎるほどよく整えられたと言いましょうか?
E46は早いだけな車ではないです.
実は E46より早い車は多いです.
しかし E46より運転楽しさがある車はほとんど捜しにくいでしょう.
二つとも乗ってみることができなかった人なら E92をお勧めしますが… このブログに遊びに来る方々はみんな自動車マニアである側だから 何のお話なのかお分かりでしょう. そうですよね? ^^

しかし私が車を選ぶ時パフォーマンスのみを重視する方ではないです.
むしろ私は自動車デザイナーが夢だった時代の影響のためか 初印象を一番重要視します.
いつか BMWのデザイナーだったクリスバングルがこんな話をしましたか?
“私のいくらよく走る BMWでも生涯 80%は停止している. それで自動車はそのものとして美しくなければならない”.
開いた口が塞がらない名言です.
私は 100% 共感して.そんな点では BMW Z8が一番完璧な車なようです。
d0013677_0351427.jpg

007でボンドカーで活躍した車でも 有名でデザインならデザイン! 性能なら性能! 本当にどこにも抜ける部分がないところに限定生産されて お金があっても手に入りにくいから 所蔵価値まで兼備したんです.
うーん… Z8は確かに時間がたつほどもっと高くなる車になるようです.
私も我が国に発売開始された時は買う事ができなく 後で難しく購入するようになったんです.
運転していれば自然に口がヘボルツック~ 起る満ちます.

しかし! 上で言及した車は日常的に乗るには率直にちょっと不便な気がします.
ドイツ車のスパルタンハムを愛するが たまにはとても神経質的に感じられて軽く疲れを呼んで来たりするんですよ.
もし私が一日中運転ばかりしなければならない職業ならクライスラー 300C SRT8を選ぶようですね.
d0013677_0433144.jpg

SRT8は BMWの M, メルセデスの AMGのようなクライスラーの高性能バージョンを指称するのに 300C SRT8は AMGの DNAで生まれました.
ところで米国車の楽さと AMGの性能をあまりにもよく和え出しました.
一つを得ると一つを失うのが理なのに 価格を抜いては何も失ったのがないですね.
インテリアーがむちゃくちゃでも, これと言う便宜仕様がちょっと不足でも すべて許すことができるほどでした.

あまり外車話ばかりしましたか? ^^
ところでもう国産車も期待して見るに値するようです.
特にこのごろ現代自動車の発展は本当に眩しいですね.
今度出たエクスを見てください. 私は一番先にフロントオーバーハングが目に入って来ました.
‘国産車があのように短いオーバーハングを作ったのか!’しながら驚いた覚えがありますね.
d0013677_0475136.jpg

しかしもっと驚くべきなのはジェネシスクーペでした.
今年レースに出場を計画する時ためらうことなしに ジェネシスクーペウォンメイクの前に出場を決心したのも あれほど梁山のためを乗ってみて強い印象を受けたからです.
もちろんまだ初 FR スポーツカーだと少し不足な部分もあったりするが これ位ならばどこに出しても劣らない位だったです.
初お酒にベブルリャ~ なんかを論ずるのではないです.
私は初お酒にもお腹が一杯だったんですよ^^;
誰かは車体剛性を指摘していたが チューニングが極めて制限になったウォンメイクの前で レースをして見た結果で申し上げれば, 十分です.
だけでなく運転の楽しさもあって基本ベースも立派で. 現在ジェネシスクーペ GT バージョンをチューニングの中なのに完成されれば 1000cc スーパーバイクのラップタイムを追い越すこともできないか期待しているほどです.
まだ太白サーキットで 1分以内に入って来ることができる梁山のためはバイクでなくては ほとんど捜しにくいからです.
d0013677_053391.jpg

こんなにレースから出たフィードバックを持続的に取り交わしたら 我が国でもいつか BMWのハンドリング, アウディのデザイン, メルセデスベンツのカリスマ, 日本車の品質にポニカの感性まで兼備した車が出ることができないでしょうか? ^^
いつか私のドリームカーがメイド イン コリアになる日がはやく来たらと思います.

したい話はまだあまりにも多く残ったが… もう時間がたくさん経ちましたね.
自動車話は本当に手始めばかりしたと言えば 時間が経つとは思わないようです.
残った話は次の回にまた使って見るようにしますね.

この文を読んでくださった皆さんのガレージにドリームカーが参席してほしい… リュ・シウォンでした.



あちちちち!熱いね!シウォンssi!!(笑)

まだまだまだまだ・・・語り足りないようだなぁ。。。(^m^ )

[PR]
by inabataksiwo | 2009-09-04 00:55 | 【リュ・シウォン コラム】
[リュ・シウォンコラム] 韓国モータースポーツ産業の成功のために...
d0013677_2125024.jpgこんにちは, リュ・シウォンです. ここに主人オートさんやつがふと文を書いてくれと言って頼んで来ましたね. 味方を後援してくれる会社に通っているから断ることもできなくて^^;; このように縁を結ぶようになって本当に嬉しいです. もし太白へ来てタクシーイベント登ってみたい方はオートさんに頼んで見てください. 願ったら私のそば席に乗せて上げますね^^

レーサーリュ・シウォン, モータースポーツに入門してからもう 13年目なのに私をこんなに呼べばまだ胸が震えます. レースという名前には私が成さなければならないこと, 私が成したいことがまだあまりにも多く残ったからですね. もしかしたらカマドックヒ高い山を目前に残した冒険加衣震えることがこういったこととガッウンジも分からないです.

私がレースに初めて挑戦した日をまだありありと憶えます. どの放送社で主催したレース体験プログラムに参加した時だったが, その後で何日を強烈な不面に苦しみました. 狂ったようにときめいて狂ったようにサーキットをしのんだその日々たち... そして私は何か巨大な力に導かれるようにサーキットに向けたしそれが私のレーサーとしての生の初足でした.0

実はその頃だけでも芸能人レーサーに対する人々の目はきれいではなかったです. もしかしたら国内モータースポーツがあまりにも劣悪な環境だったからではなかったかと思いますね. 他人達は熱情を捧げてかろうじてレーサーとしての生を引き続いているのに豊かな生を暮した芸能人が何の難しさなしに版に跳びこんだから目の上のこぶのように見えられたかも知れないです. もちろん今は理解します. そしてありがとうございます. そのおかげさまで歯を食いしばって走ることができたからです. 私も熱情一つでレースに入門したという点は彼らのようでした. 自分の新しい夢になったレースの世界で本気に最高になりたかったです. その時代には本当に死ねばサーキットのあらゆるコーナーたちが描かれたしベッドに横になればコーナーに進入したぞっとした瞬間がしきりに浮び上がって心臓がときめいて眠ることができなかったんです.

そのように何年を送って迎えた 2006年, 私の生涯初めてそれほど望んだシリーズ総合優勝をチァジハゴからは以前までとは少し他の姿が目に入って来始めました. あまりにも劣悪だった我が国のモータースポーツの状況たちがですね... ある人は屋台を運営しながら番(回)お金でレースに参加していたしまたある人はクイックサービスをしていました. レースを本業にしている人はほとんど捜してみにくかったんです. 競走のためを作って整備して競技(景気)を運営するためにはかなりの会社員の 1年年俸が入って行くのにプロというタイトルをつけているレーサーたちが自分のお金をかかってレースを支払っている状況たちがあまりにも切なかったです. 私は今も問いたいです. これが正常なプロレースの '版'ですか? もちろん私もただ優勝したいという熱望に目がくらんでただ競走にだけ邁進した時は目に入って来なかった姿でしだが…

私が生まれた以来最高にときめくようにして眠りも成すことができないようにした, その愛してやまなかったレースというやつがこんなに見窄らしい姿だったというのがぞっとするように嫌いでした. 現在値いくら難しくても誰もレーサーを夢見て憧れていたらその未来は明るいと言えます. しかしレーサーを夢見る人も, モータースポーツ係に入門するのを周辺に勧める人もいないというのがもっと大きい問題でした. モータースポーツを教えて人才を育成する機関も一つないです. このような状況で ‘次にはよくなる’という希望は贅沢であるだけです

競技がつまらなくてお金が回ることができないことでしょうか? ではなければお金が回ることができなくて競技がつまらないことでしょうか? 繰り返えして回る悩みあげく私は後者と結論を下しました. レースはそのままお金の歴史です. 100年前フランスで開かれた世界最初のレースは自動車会社らが広報のために開催したことだったし今もほとんどすべてのレースたちがどのようにすれば観衆と視聴率を引き上げることができるかを一番重点的に悩みます. 選手たちが自分のお金をかかってレースをする劣悪な状況でどんなに激しいレースを期待することができましょうか? 選手たちには賞金でも, 視聴率でも, 何でも間に修理費なんかは悩む価値もないに如くもっと大きい同期部になって行って必要でした.

私は原因分析が終わったその即時, そして徐徐に我が国のモータースポーツを起こすための計画を構想し始めました. それほど生まれたチームが今年創立したチーム106です. チーム106は本格的に我が国のモータースポーツの版を育てるための始めて歩みでした. チーム 106は実はチーム名でもあるが厳密に言えば包括的なブランドネームです. チーム106という名前で衣類, アクセサリー, チューニングパーツなどの幾多の付加事業を計画しているしまたどれはもう成しました.

d0013677_2151916.jpg
もちろん誰かは商業的なチームだと責めたりしたんです. しかし私はチーム106が商業的なチームではなく極めて正常な ‘プロ’チームだと思います. 私ではなくその誰でもとうにしたのがすべきことです. プロチームなら当然選手をスカウトして年俸を与えて行ってレースを運営しなければならないじゃないんですか? 他の競技はみんなそうするのにどうしてレースは自分のお金をかかって犠牲して彼を熱情というもっともらしい言葉で包装しなければなりませんか? それもプロという名前をつけて言葉です.
熱情… もちろん良いね. レースの発展のためでも必ず必要な心得です. しかし冷静に考えて見ればその熱情をかじるのが皮肉としか言いようがなくもお金という現実です. 自分の人生をレースにオールインすることができるとそれが本当の熱情ではないでしょうか? 他の国は言葉とおり ‘食事してレースだけでもhも良い’ インフラが形成されているのにどうして私たちはレースではない他の職業が本業ながら自らをプロと呼んでいるのか… これは典型的なアマチュア競技(景気)の形態なのにですね. このような状況では絶対他の国のモータースポーツを追い付くことができません.

d0013677_217849.jpg


私はもう悪循環のくびきを切るため ‘モータースポーツもお金になる’と言う事実を先に証明しようと思います. ‘まさかこんな所に投資してくれ?’という敗北意識を壊してくれたいです. レースに才能はあるが暮らす道が漠漠であきらめる人々に羽を伸ばしてくれたくてただレースだけ思ってレースだけ練習してもスターになって金持ちになる足場を用意してくれたいです. そしてこれからより多い, よりもっとすぐれた競争者たちとハム次第で私も年を取るほど彼らと一緒にもっと発展したいです. どうせ私は痴ほうがかかるまでは選手に走るはずだから.
d0013677_2174221.jpg
私の身分が芸能人だから他のチームにまで一般化させるのは困難があるというのも分かって当分は投資者チーム106に偏重されることもできるというのもよく分かりました. しかし今必要なことは企業だか視聴者でも選り分けないでレースに対する全般的な関心を引っ張り出す事だと思います. たとえ手始めはあのリュ・シオン個人に関心が集まってもその関心が結局レースに興味を付けて熱狂的に応援するファンの数字をふやす道でチーム106のライバルとして広告效果を狙った企業らの参加を導き出すと思うからですね.

ここまでがモータースポーツに対する私の野望と計画, そして個人的な欲心です. 他のものはすべてゼキョ置くとしても私はレースという遊ぶことをあまりにも愛しています. 本気に… もっと発展したレース, もっと面白いレースを皆さんの前に必ずお見せ致します. 応援してくれと言ってまでは夏至アンウルゲです. しかし必ず見守ってくださったらと思います.

リュ・シウォンでした.
チーム106 ファイト!



語ってるなあ~~~~!!!(笑)
言葉が溢れて止まりません。て感じ♪(^m^ )

隣席に乗りたい~~~~♡ +.(○´∀`ノノ

[PR]
by inabataksiwo | 2009-08-20 21:08 | 【リュ・シウォン コラム】